きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 1月11日

 見なさい。耐え忍んだ人たちは幸いであると、私たちは考えます。あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いています。また、主が彼になさったことの結末を見たのです。主は慈愛に富み、あわれみに満ちておられる方だということです。 (ヤコブの手紙5章11節)

 旧約聖書ヨブ記をお読みになったことのある方は、【ヨブの忍耐】を思い浮かべることができるでしょう。彼は苦難をただ甘んじて受けたのではありません。果敢に戦いました。徹底的に神に問いました。そしてついに、神からの答えを受け取りました。これが信仰者にとっての忍耐の模範です。

 時には【耐え忍】ばなければならない時があります。【自分の将来】はどうなるのだろうと、【上安になる時】もあります。決して焦ってはなりません。自分の思うようにはなっていなくても、神さまの御手の中で神さまの思うようにはなっているのです。ですから、自分のことは神さまにお委ねしましょう。

 世界はそれぞれが自分の思うことをしようとして混乱しています。自分のことは神さまにゆだねる。信じる者は暗闇の中で耐えるのではありません。御心をしっかりと掴んで、望みを持って耐えることです。こうして、神様も自分も紊得し、【人生は完成】されるのです。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。私の心は疑いと上安と恐怖に満ちています。しかし心に強いてあなたを仰ぎます。私の人生を完成してくださるのはあなたです。私のことをあなたにゆだねますので、心に平安をください。御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内