きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(1月19日

 「ですから、愚かにならないで、主のみこころは何であるかを、よく悟りなさい。《(エペソ5章17節

 イエス・キリスト様は「世の光《として、世を照らし、人生を照らし、私の心を照らしておられます。ですから見ようとするなら、私は何をどうしなければならないかをはっきりと知ることができます。光に照らされている限り、何も迷うことはありません。

 しかし、人は自分の肉の思いを保存するために、光を見ようとしないことがあります。それは真昼に目をつぶって手探りしているようなものです。こんな滑稽なことはありません。にもかかわらず、むしろ光から逃げている場合もあるのです。

 「愚かに《ならないで、光に照らしていただきましょう。そして「みこころ《が何であるかを知って、もしそれが「悔い改める《ことであるなら悔い改め、「捨てる』ことであるなら捨て、「ささげる《ことであるならささげて、賢い歩みをしましょう。

【今日の祈り】
 父なる神さま。あなたの光はみことばを通して、良心を通して、友のことばを通して、日々にいつもはっきりと照らされています。どうか光から目をそむけることがありませんように。私が愚かになることがありませんようにお守りください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内