きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(1月21日

 「人にはできないことが、神にはできるのです。《(ルカ18章27節

 ある問題に直面したり、決断を迫られたりした場合、人はまず、自分に何ができるかを考えます。また人にどれだけ助けを求められるかを考えます。また運に任せてかけることもあるでしょう。その範囲内で、出きる出来ないを考え、判断し決断します。

 しかし、信仰者は神さまの御心かどうか、神さまは助けてくださるだろうかを考えます。そして、どうしても乗り越えなければならない問題の場合、切に神さまに祈り、助けを求めます。その場合、神さまにできるだろうかとは考えません。神さまに上可能はないからです。

 すなわち、問題の前には、可能か上可能かは考えなくても良いのです。神さまの御心かどうか、神様は助けてくださるだろうかを考えればよいのです。そのために、信仰者は切に切に祈ります。神様は父として、愛する子を助けようとしておられるのです。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。私は今まで、問題の前に立って、出きる出来ないを考えていました。それは、何でもおできになる神様を信じる者の考えることではないと知りました。あなたは何でもおできになると信じます。これからも私をお助けください。御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内