きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 1月27日

 「主の聖なる吊を誇りとせよ。主を慕い求める者の心を喜ばせよ。《(詩篇105篇3節

 私たちの教会での経験は、私の信仰の証しが、信仰を同じくする兄弟姉妹や心の底から主を求めている求道者の心に、心からの満たし、喜びを与えると言う事実です。詩人は神殿での礼拝で、イエス・キリストを信じる私たちと同じ、こうしたことを経験したのでしょう。

 「主の聖なる吊を誇りとし《こうして互に励ましあうことが、ほんとうの意味の「信仰の交わり《です。神様があがめられることが、神を信じる者たちの心からの喜びであるからです。これが私の魂に心底から満足を与えることができるのです。

 私が礼拝の席にいながら、何の感動も感じないとしたら、魂は「要チェック《です。礼拝では思いっきり「主をあがめ《「主を賛美し《「主を褒め称え《、互に信仰を奮い立たせ、エキサイトすることを楽しむ、そうした礼拝を持ち続けたいものです。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。魂が眠りに陥り、無感動となり、礼拝を忘れる者となりませんように。常に目覚め、主を褒め称え、互に刺激しあい、エキサイトする者でありますように。兄弟姉妹と共にある礼拝を心から喜ぶ者としてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内