きょうのみことば

【きょうのみことば】(1月28日

 「主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。《(イザヤ40章31節

 人間は食べて肉体の力を補給します。ドライバーは、ガソリン計にも気を配って補給を考えなければなりません。補給は大事です。霊も補給を必要としますが、これは神様からです。「主を待ち望む《、これが補給と持続の秘訣です。

 私たちが聖書を読み、祈りを常にし、教会の集会に励むのは、心が常に神様に向けられ、神様と接続していることが重要だからです。この意味では霊は椊物に似ています。「流れのほとりに椊えられた木《と言うのがそれです。

 魂が疲れて望みを失いかけたとき、「ああ、自分は補給を忘れていた《、ということを思い起こしましょう。もう一度神様の前に出るのです。ひとりで祈るのもいいでしょう。集会出席が滞っていたなら、もう一度時間を作って教会に行くことです。

 「神様。私に力を注いでください。希望に膨らませてください《と祈ってみましょう。しおれた魂が、また頭をもたげて元気になってくることを経験として実感なさることでしょう。

【今日の祈り】
 父なる神さま。魂が疲れたと思ったら、あなたからの補給が途絶えていました。主よ。あなたは私の力の源です。もう一度あなたを見上げますから、どうか私を再び生かしてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

 

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内