きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 2月 1日

怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。(【エペソ人への手紙4章26節】

 怒りは人間本来に具わっている感情の働きですから、すべてが悪いわけではありません。感情が働くためには燃料が必要ですが、何で燃えているかが重要です。

 もし、憎しみ、ねたみ、利害、傷つけられた自尊心が【怒りの燃料】の場合、気をつけなければなりません。信仰が冒されること、神の正義が踏みにじられることに何も感じないとしたら、悲しむべきことです。

 【聖なる怒り】を持って自分を奮起させ、祈りへと追いやることはよいことです。神は今の世界を怒り、ご自分の御子を十字架に掛けるほどに燃えて、この世の救いのために立ち上がられました。このことを覚えて私たちも奮起しましょう。

【今日の祈り】
 父なる神さま。利己的な感情から私をお守りください。あなたはこの世の罪を怒っておられます。それを私の奮起としてください。御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内