きょうのみことば

【きょうのみことば】(2月11日

 「こういうわけで、なすべき正しいことを知っていながら行なわないなら、それはその人の罪です。 《(ヤコブ4篇17節

 こうしたみことばを読むとき、私たちはどんな気持ちになるでしょうか。高い標準を示され、失望感におおわれるだけでしょうか。実は「みことばの恵み《はそれを越えたところにあります。失望感から逃げないで、「神様憐れんでください。《と祈るのです。

 何もしないことが罪と指摘されることは、確かに厳しい指摘です。この光を素直に受け入れ、自分が神の標準に届いていないことを認め、決して自分を鞭打つのではなく、主にあわれみを求めます。みことばの光はあなたに救い主の必要を示しているからです。

 聖書を読んで、いろいろと教訓をいただきますが、それを知った段階で義務が生じます。ところが自分の無力を知っているので、それを棚上げします。それが「その人の罪《と言われます。そうではなく、もっと切実に、実行力が与えられるよう、御霊のみ助けを祈り求めましょう。

【今日の祈り】
 父なる神さま。あなたは天地の造り主、すべての生物のいのちの源です。すべてのいのちが花を咲かせ、生命力一杯にあなたを賛美するように作られました。今、あなたのいのちを私の魂に満ちてください。あなたのいのちを輝かすものとしてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

 

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内