きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(2月19日

 「人を恐れるとわなにかかる。しかし主に信頼する者は守られる。《(箴言29章25節

 電車の運行はすべて運転手の手にかかっています。車両にどんな人が乗っているか、自分がどれほど気張ったか、それは一切関係ありません。人生というよりも、私たちの永遠の運命は、運転手である神さまの手にかかっているのです。

 ところが、「人を恐れる《と言うことがあります。イエスさまは、「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんなものより、たましいもからだも、ともにゲヘナで滅ぼすことのできる方を恐れなさい。《(マタイ10:28)と言われました。

 魂のことを考え、永遠の視点に立てば、人を恐れることは、結局、魂を滅ぼすことになります。この時、私たちは昔の信仰者たちのように、目に見える何ものも恐れず、神さまだけを信頼して立つことが出来るのです。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。私の魂と人生の本当の支配者はあなたであり、永遠のいのちはあなたから来ることを信じます。決して人を恐れて、わなに落ちることがありませんように。人恐怖症から私をお救いください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内