きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 4月15日

 「神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。 《(ローマ12篇2節

 「百聞一見に如かず《ということばがありますが、「神のみこころ《をわきまえ知ることにも言えます。百の説明よりも一の体験によって分かるのです。しかし霊の世界においてはもっと前に、霊の目を持つことからはじめなければなりません。それが「心の一新《です。

 「生まれながら《では、「御心《を理解することはできません。その思いは地に向けられ、御声を聞くことが機能していないのです。「地への思い《を助けてくださる神様なら歓迎しますが、「神の思い《を理解しようとする心はもっていません。それは「新しい心《でなければ上可能です。

 信仰の歩みとは「神とともに歩む《ことですが、神様と歩調を合わせるには、「自分を変える《必要があります。すると、「何が良いこと《かがわかってきて、みこころに生きる情熱もわいてくるのです。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。あなたの御心をわきまえる者としてください。私は確かに信仰者ですが心の一新が必要なことがわかります。どうか私に御霊をお注ぎください。御霊の宮としてください。あなたの霊によって御心を知る者としてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内