きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(4月18日

 何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心からしなさい。(コロサイ3章23節

 この世にあってクリスチャンらしく生きよう、としてもそれは失敗します。私たちにはそんな力は始めからありません。まず主に対して心を開いたからこそ、罪を赦していただき、義としていただき、神の子としていただいたのです。これがことの始まりです。ここがスタートになるのです。

 信仰があっても人間関係を拗らせることがあります。嫌いな人は嫌い、合わない人は合わない、これはどうすることも出来ません。私たちが真実に、ありのままになれるのは、「主に対して《だけです。人に対しては「自分を抑えることが出来ない《のは、どうすることも出来ないことなのです。

 でも「主に対して《は素直になれます。本当の信仰者ならそのはずです。だから「人に対して《も、人を見るのではなく、「主に対して《するように、これは「主に対して」しているのだと思ってしましょう。そうすると、今まで出来ないと思っていたことが「心から」出来るようになるのです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。私は嫌な人は嫌です。いけないと思ってもそうなります。ですから、今日からその人にではなく、あなたに対してしていると思って、どんなことにも取り組んでいきます。あなたに対してなら、どんなことも出来ます。どうか助けてください。支えてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内