きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(4月22日

 主よ。今、私は何を待ち望みましょう。私の望み、それはあなたです。(詩篇39章7節

 子どもははじめはお母さんがくれる食べ物やおもちゃに興味を示します。しばらくはそれで満足するかもしれません。やがてお母さんの姿が見えなくなります。急に上安になって、持っていたおもちゃをほり出してお母さんを探します。子どもが本当にほしかったのはおもちゃ以上に、お母さんの優しい眼差しだったのです。

 信仰者も「あれください《「こうしてください《という祈りだけでは満足できなくなる時がきます。私は本当は何がほしいのでしょう。全世界でしょうか。いつか私の心はもっと大きいもので満たさなければ満たないことを発見するでしょう。神様だけが私の心を満たすことが出来るのです。

 詩人は「私の望み、それはあなたです。《と言いました。「お父様の腕にすがっていれば安心《という、平安があります。「主の御心に生きたい。《こういう願望に生きられるようになります。究極の信仰者は、神様を離れた自分を考えられなくなります。私たちが到達したいのは、「イエス様と一つ《となった、ここまで登りつめたいのです。そうなりたいですね。

【今日の祈り】
 父なる神さま。私の心を探ってください。私は自分の本当の願望を知りたいのです。本当は何がほしいのか。それが分かれば、もっとあなたの御心にかなう者となれるはずです。自分中心の私は本当の私ではありません。どうか、私が本当の私に気づきますように。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内