きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 4月27日

 幸いなことよ。主に信頼し、高ぶる者や、偽りに陥る者たちのほうに向かなかった、その人は。 (詩篇40篇4節

 東に善良な心、すなわち謙遜や正直があれば、西に邪悪な心、すなわち高ぶりや偽りがあります。一方は神の喜ばれることであり、もう一方は神の嫌われることです。これらは対極にあり、人の心は自分の好むところを向きます。心の向きはこのように重要です。

 ですから心がどちらを向いているかはその人の運命まで決める重要なことです。私の心はどちらを向いているのでしょうか。時々神様の前に座って心を探っていただくことは必要なことです。すると時に、「高ぶりの心《があったり、「うそ偽り《が心の奥のほうに隠れていることがあります。

 もし私の心にそうしたものを発見することがあったら、それは神様の憐れみであり恵みです。なぜなら、神さまが求めておられることは「主に信頼する心《だからです。神さまが私の心の方向を変えることができるお方だからです。このお方にお委ねすれば、心は東の方向へと変えていただくことができるのです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。時々私の心に傲慢があったり偽りがあったりして自分でも驚くことがあります。そんな時あなたから逃げません。だからこそあわれみを請います。どうか私の心の向きをあなたの方へと変えてください。あなたに求める者としてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内