きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(4月30日

 私は切なる思いで主を待ち望んだ。主は、私のほうに身を傾け、私の叫びをお聞きになり、(詩篇40篇1節

 「切なる思い《と言うものがあります。それはただならぬところからの救出の願いです。「助けてください《という思い以上に切なるものはありません。人生の窮地に陥ったとき、人はがむしゃらに主に叫ぶことになります。

 窮地からの叫びを、主は決して聞き逃すことはありません。「身を傾け《でくださるというのです。海に溺れた人のことを考えて見ましょう。彼は考えたりしません。休むこともありません。ただひたすらに主に叫びます。神はこの叫びをお聞きになるのです。

 神は「切に叫ぶ人《を助けることによって、ご自分の力をお示しになります。ですから、神さまは「救いの時《を決して見逃すことはないのです。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。私は平穏のときは、あなたに感謝します。そして、絶壁に追い込まれたときは、切に切にあなたに叫びます。主よ、あなたが救い主であること、私たちの「叫び」を、決して聞き逃すことのないことを信じます。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内