きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(5月9日

 「だれでも、手を鋤につけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくありません。《(ルカの福音書9篇62節

 【神の国への旅路】をはじめた人は、もう後戻りはゆるされません。なぜなら、手を引っ張って連れて行こうとしてられるお方は主イエスさまだからです。それでも迷う。それでも決断ができない。それでもこの世に未練を感じるのが人の心です。

 こんなあやふやな自分の心はゆだねて、ただイエス様にだけ目をつけましょう。イエス様は私たちの先頭を立って歩んでおられます。

 イエスさまの前途に十字架が見えます。それでもイエス様は進んで行かれます。信じて勇気を持って進んで行きましょう。なぜなら、その向こうに復活があり、永遠のいのちがあり、神の国があるからです。さあ、進みましょう。

【今日の祈り】
 父なる神さま。あなたから目をそらすとすぐ信仰の後退がきます。どうかあなたとともに、十字架と復活、永遠のいのちへと進んでいく者にしてください。私のたましいが永遠に失われることがありませんように。御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内