きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(6月2日

 「みことばに心を留める者は幸いを見つける。主に拠り頼む者は幸いである。《(箴言16章20節

 クリスチャンにとって「聖書を読む習慣《を身につけるかどうかは、「信仰の成長《にとって、大きな違いをもたらします。「毎日聖書を読む《、単純なことですけれど、これがなかなか大変なことです。

 「みことばに心を留める《とは、神さまの倉にある「絶大な富《に圧倒されて、それに魅了され、そこから目を離すことができないことを言います。この世の富など、目に入らないほどに、天の祝福を慕い求めている人のことです。

 聖書を毎日読む人は、畑の宝を見い出した人のように、切に切に「主により頼む者《となることでしょう。そういう人こそ、本当の意味で「富む人《です。本当の宝を求めて、もっともっと、毎日毎日、聖書を読みましょう。

【今日の祈り】
 父なる神さま。多くの人々は、この世の宝を求めて人生を空しくしました。私はそれを知っております。本当の宝はみことばの中にあります。私がもっともっとみことばを読み、みことばに心を留める者となりますようお助けください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内