きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(6月3日

 「正しい者は主にあって喜び、主に身を避けます。心の直ぐな人はみな、誇ることができましょう。《(詩篇64章10節

 正真正銘の「正しい人《と言える人は地上にはいません。けれども、神様はご自分を信じ、ご自分に身を寄せる人を正しい者として受け入れてくださいます。彼は自分の無力を知って、神様にすべてをゆだねることをしているからです。

 「主に身を避け」その囲いの中で安心し、今すべきことに集中する人は、この世の時間を有効に用いることの出来る人です。本当にこのような生き方が出来れば、彼は「後悔《することはないでしょう。なぜなら、主の御心だけを行っているからです。

 「誇る《とは「心の満足」を言います。人生を「自分を生きる」のではなく、「主に身を避けて生きる《、そして一瞬一瞬を「紊得して生きる《、そのように毎日を主にあって過ごしたいものです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。あなたに身を避けます。そうするなら、あなたはきょう私がすべきことをお示しくださいます。それにだけ集中します。もし気になること、心配なことがあってもあなたにお委ねしますから、どうかお守りください。御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内