きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 6月10日

 あなたは、悩む民をこそ救われますが、高ぶる目は低くされます。(詩篇18篇27節

 人生には【悩み、苦しみ、悲しみ、呻き】は絶えませんが、ここに神様の恵みが隠されていることを私たちは知っておくべきです。人間は得意の絶頂では思い上がって神様に求めようとしません。しかし、苦難の日こそ、祈りへの欲求が心の中から湧き出てくるからです。

 「人間は高慢なものである。何でも自分の思うとおりになり、そうできる《と思い込むものです。ですから、自分にも「高慢」はあると思っていても間違いまりません。悩みが波のように襲ってきたら、「ああ神様は私をお忘れにならかった。こうして私をご自分の方へと引いてくださる、《と考えましょう。

 悩みが来たら祈りましょう。神様もそれを期待しておられます。神様の愛を信じて、必ず助けが来ることを信じて、祈り続けましょう。いよいよ遜りましょう。必ず神様は助けてくださいます。その日に、あなたの信仰はいっそう強固になるのです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。悩みは私にとって害でないことを知りました。もう私は悩みから逃げません。この時こそ、あなたの愛を確認するチャンスと知りました。これからは試練を踏み台にして、信仰の飛躍をしたいと思います。私が弱ることがないようにお助けください。御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内