きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 6月28日

「そのために、私はいつも、神の前にも人の前にも責められることのない良心を保つように、と最善を尽くしています。《(使徒の働き24章16節

 私たちは【良心的】でなければならない、と言うことはわかっています。これが、「人の前に《となると難しいのです。「神の前に《は、砕かれた神の子にとってはそんなに難しくありません。なぜなら、神さまなら、へりくだって悔い改め、憐れみを求めるなら、いつでも赦してくださるからです。

 けれども、【人の前に】は、クリスチャンにとっても難しいことです。どうしても「警戒心《が付きまとい、「心を隠し《て、「上真実になる《可能性があります。目の前の人を「信じなさい《と言われてもそれは無理です。だから「主を見上げる《のです。「イエス様あなたを信じます《と申し上げます。

 「良心的に生きる《ことは、「神の前に立ち続ける《のでなければ、私たちには無理です。ですから、毎朝祈りましょう。私の心を主にお捧げしましょう。主の御助けによって、「人に対して《も、「真実であり続ける《ことができるように、手を取って、今日も導いていただきましょう。

【今日の祈り】
 父なる神さま。私はあなたに対しては偽りを言いません。どうか人に対しても真実であるようにお助けください。人を恐れるおどおどした心を支えてください。いつもあなたに対しては心を開いておりますから、イエスさまの御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内