きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 7月 8日

 今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。(ローマ人への手紙8章18節

 【今の時】とは、現に今生きている「人生」のことですが、毎日のように「いろいろの苦しみ」が襲ってきます。よほど真実を知っていなければ、圧倒され飲み込まれてしまいそうです。

 その真実とは、神様に望みをかけていれば、【将来】は「栄光」に満ちたものであると言うことです。これが今の苦しみを乗り越える力となります。

 決して「今だけ」を考えてはいけません。私たちのいのちが「今だけ」と言うのは真実ではありません。人生の向こうに「将来」があります。それは神様によって「栄光に輝く将来」なのです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。今の苦しみに打ちのめされそうになった時、それに圧倒されてしまうことがないために、私たちに栄光に輝く将来を用意してくださったことを感謝します。私がこの希望から離れることがないように、この希望に生き続けられますようにお守りください。御名によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内