きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 7月10日

 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。(ローマ人への手紙8章32節

 もう一度【十字架の意味】を考えましょう。それは神さまがご自分の愛する御子を、【私たちのために】【罪の代償】として「惜しまずに死に渡された《ことです。

 ここまでしてくださった方の愛を疑うことはありません。【御子をさえ】惜しまなかった方は、後のものは何でも【気前よく】恵んでくださるはずです。

 にもかかわらず、神さまの愛を疑うことがあります。人生があまりにも辛かったり、自分の思うようにいかなかったりする時です。そんな時でも、神さまは【あなたの最善】を考えてくださっていると信じましょう。「御子をさえ惜しまなかったのだから《と。

【今日の祈り】
 父なる神さま。もう一度十字架を見つめます。ここにあなたの愛の深さがあります。もう二度とあなたの愛を疑うことがありませんように。私の心にあなたの愛を焼き付けてください。御子とともに、最善を下さることを信じます。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内