きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(7月16日

人の歩みは主によって定められる。人間はどうして自分の道を理解できようか。(箴言20章24節

 「人の歩み《すなわち人生を神さまが定められるとは、決して運命や宿命論を意味するものではありません。そうではなく、私の幸福の道を知っておられ、私たちの魂に語りかけて、さとし知恵を与え、その方向に導びこうとしておられると言うことです。

 しかし人は、自分の人生は自分で決めたいという強い欲求を持っています。そのため、自分の欲望ではなく、御心に従うことを上安に思い、大変困難と思っている人がいます。そして、祝福の道から大きくそれてしまうことがあります。

 祝福の道とは、日々神に祈り、神の御心を知り、全面的に信頼してその御心に従い、神の栄光のために生きることです。このように生きる人に決して後悔はありません。

【今日の祈り】
 父なる神さま。あなたは私の道を知っておられ、祝福の道へと導いてくださいます。そのあなたの導きに常に従順でありたいと思います。どうか道を迷うことなく、反れることがないようにお守りください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内