きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 7月22日

 「もう一度、私たちをあわれみ、私たちの咎を踏みつけて、すべての罪を海の深みに投げ入れてください。」(ミカ7章19節

 預言者の観察は、民の神への背信、偶像崇拝の罪が、イスラエルの運命を奈落の谷へと追いやっていると見ました。彼らは神に立ち返らなければなりません。しかし人々の思いには全然そうした傾向は見られません。あとは滅びを待ち、絶望を見るだけなのでしょうか。

 民の咎が問題です。罪は何とかならないのでしょうか。人間に絶望した預言者は、今度は神に目を向けました。「すべての罪を海の深みに投げ入れてください。」人に何も期待できなくても、「神への期待」は捨てるわけにはいきません。

 信仰者において、「神に従いきれない」という悩みは深刻です。これで絶望してしまう方がいます。しかし決してそんなことがあってはなりません。自分の不甲斐なさもすべて主にお返しし、「罪を海に投げ込む」ことのできる主にだけ、希望をつなぎましょう。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。本当はもっともっとあなたに従いたいのです。完全に御心の中を生きたいのです。にもかかわらず、この世の波に圧倒されています。どうかもっとあなたを生きる力をください。あなただけに期待します。御名によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内