きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 8月11日

「どうか、平和の主ご自身が、どんなばあいにも、いつも、あなたがたに平和を与えてくださいますように。どうか、主があなたがたすべてと、ともにおられますように。 《
  (Ⅱテサロニケ3篇16節

 信仰に満たされ、心に主への愛が満ちているときに、心が平和で満たされていることは、私たち信仰者の共通の経験です。ところが、主がどこかへ行ってしまい、自分のことでいっぱいになっているときに、「心が騒ぐ《ことで悩まされることも、同じように信仰者なら経験することです。

 いつも「平和の主《が私の心にいてくださって、心が平安で満たされていることを願いますか。それなら祈りましょう。私たちに要求されていることは「祈ること《だけです。心を開いて祈るなら、主は来てくださいます。そして私たちの心を支配してくださいます。自分ではどうすることもできなかったことが「ゆだねること《で、平和が来ます。

 自分を捨て切れなくて、忍耐できなくて、「やめてください《といって、再び自分のわざに戻るようなことのないようにしましょう。「恵みの主《にすべてを委ねましょう。「揺れ動く心《を静めることは、人間にできることではありません。このことにおいてあなたがすることは何もありません。平和の主の臨在だけが、「心の平和《を実現することができるのです。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。私の心の中の平和は、あなたによって実現します。心が騒ぐのは自分が頑張っているからです。どうか私の従順を助けてください。あなたにすべてを委ねます。きょうから私をあなたのものとしてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内