きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 8月12日

 「主は、ご自身の民に力をお与えになる。主は、平安をもって、ご自身の民を祝福される。《  (詩篇29篇11節

 主が「ご自身の民《といわれる時には、特別な地位、立場、資格、特権が意味されています。旧約聖書の歴史を見ますと、民の霊的な状態が最悪の時でも、神はイスラエルを「ご自分の民」と言われました。決してそれを解消しようとはされませんでした。

 しかし、この特別な関係のゆえに上真実、罪に対する懲らしめは確実にやってきます。これが神様の愛の仕方です。なぜなら、ここで改めなければ、最後に来る罪の刑罰のほうがきわめて厳しいからです。

 「平安を持って《「祝福される《と言われるのは、「上真実《があれば、それを「懲らしめ《神との関係を祝福されたものとし、決して永遠の滅びにいかないようにされて、そして「祝福される」と言うことです。ですから、試練の時でも、神の愛を信じて、その中で耐える人は幸いです。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。私は今もあなたのものです。あなたの羊です。私の牧者です。決してあなたの御許から離れません。永遠の御国にまでお導きください。御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内