きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(8月14日

 むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。(Ⅰペテロ3章15節

 信仰者の神に対する行為、祈り、賛美、感謝、朊従、証しなどは、キリストを主としてあがめることになります。それは主キリストに期待し、喜びと希望を持っているからです。

 ある人々にはこうした行為が奇異に映るかもしれませんが、もしここから、心の喜びが顔を輝かせ、幸せの雰囲気をかもすとしたら、人々は大きな魅力を感じます。

 そうしたクリスチャンがいたら、人々は必ず説明を求めてくるでしょう。知りたいのです。どこにそんな秘訣があるのかを。そのためにも、もっと祈り、聖書を読み、御心をわきまえて、みことばに生き、「弁明の用意《をしておきたいものです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。私はあなたをあがめます。どうか私を幸せにしてください。魅力あるものにしてください。人々を引き付けるものにしてください。そして求める人にあなたの素晴らしさを証し、説明し、弁明できますように。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内