きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 8月24日

「イエスは大声で叫んで、言われた。「父よ。わが霊を御手にゆだねます。《こう言って、息を引き取られた。《  (ルカの福音書23章46節

 肉体を離れ、裸になった霊は誰かに何かによっておおわれなければなりません。これを確信できなければ死は恐怖そのものです。霊をおおいつつんでくださる方がおられます。父なる神様です。この方に霊をおゆだねすることができます。

さまに死なんとする時、イエス様の心には父なる神さまだけがありました。まさに死なんとする時、イエス様はご自分を父なる神さまに委ねられました。

イエス様は生涯を通して、神さまにゆだねられました。だからこそ、死を直前にしても、父なる神さまに、一切を委ねる事ができたのです。これほどの信仰を普段から、私たちも目指したいものであります。

【今日の祈り】
天の父なる神さま。イエス様の信仰を私の模範とします。私にも死を直前にして、あなたを信頼できる信仰を与えてください。御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内