きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 8月29日

私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜ばせるべきではありません。 (ローマ15章1節

 聖書は【謙遜】について教えておりますが、それは「何もできません《と言って遠慮することでも、自分を卑下することでもありません。自分に与えられていること、与えられている【賜物】をありのままに評価して、それを神さまと人のために用いることです。
 そうすると、私よりも弱い人、助けてあげるべき人がいることがわかります。この時が、「受けるよりも与えるほうが幸いである。《(使徒の働き20:35)のみことばを実行するチャンスです。このとき、私たちが発見することは、生きる意欲と喜びがふつふつと沸いてくることです。

 自分を喜ばせるべきではありません。神さまのために、人のために、自分の身を投げ出すとき、「よくやった《と言う声とともに、神さまから喜びが来るのです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。自分で自分を喜ばせようとすることからお救いください。私には手と口と足が与えられています。これをあなたにおささげします。誰かを助けるべきでしたらそうします。誰かを励ますときにはそうします。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内