きょうのみことば

 

【きょうのみことば】( 8月30日

 「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。《(ローマ12章1節

 【あなたがたのからだ】を、神さまは何よりも喜んでおられます。もしそれを【生きた供え物】としてささげるなら、神さまは喜んでお受けくださいます。それほどに、からだはすばらしいものです。決して【自分のからだ】を卑しめてはなりません。からだは、神さまへの供え物とすることができるのですから。

 「ささげ物《は自分にとって最高のものでなければなりません。もし自分のからだに上満を持ち、嘆き、傷だらけのものとしているなら、それは供え物となりません。このからだ、もともとは神さまがくださったものです。「最善のもの《であるはずです。そのように信仰を働かせると、それは最善のものとなります。

 神様がくださったものを最高のものとして喜び、それを神様におささげするなら、生きることがすばらしいものとなります。毎日がスリリングとなります。人生から無意味、嘆き、惰性が消え去ります。使命に満ちたものとなります。もう一度、このからだを神さまにお返ししましょう。

【今日の祈り】
 父なる神さま。このからだ、あなたが与えてくださったものであるのに、満足していませんでした。欠陥だらけと思っていました。お許しください。これを最高のものとしておささげします。どうかあなたのものとしてお使いください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内