きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(9月12日

 つばめや、鶴のように、私は泣き、鳩のように、呻きました。私の目は、上を仰いで衰えました。主よ。私は虐げられています。私の保証人となってください。(イザヤ38章14節

自分の罪や怠けから、また無知や無神経から、あまりにも自己中心のために受ける苦しみがあります。こうしたことは反省して、身を正す糧となります。

 一方では、真面目にやり、信仰で歩んでいるのに、人々の無理解、誤解、あざけりなどで苦しむことがあります。信仰そのものが攻撃されることもあります。こうしたことは、私がどうすることもできません。ただ、神様に訴えるだけです。

 祈りの座で、神様を見上げるとき、神様は仰ってくださいます。「安心しなさい。あなたについては、わたしが保証する。だから耐え忍びなさい」と。忍耐は必ず希望となります。ですから、信仰をもって、苦難を乗り越えていきましょう。

【今日の祈り】
 父なる神さま。苦しいと時にはあなたの慰めが必要です。あなたさえ、笑顔を見せてくだされば、私は耐えていけます。ですから、あなたの保証によって、希望を注いでください。私をしっかりと抱きしめてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内