きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(9月19日

 私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の救いは神から来る。(詩篇62章1節

 【苦しい時】、心を自然に任せていたら、愚痴や上満、泣き言、八つ当たり、「どうして、どうして《ばかりが出てきます。こうしたときは、「私の魂よ、お前は何をしているのか《といわなければなりません。そして、黙って、信仰を持って、神さまを見上げるのです。

 今の状況の答えは、神さまが持っておられるはずです。ですから、神さま待ち望むなら、神さまは必ず立ち上がってくださるのです。

 苦しみがなお続くときには、【神さま】と、こう呼びかけましょう。神さまに心を向けるのです。神さまの答えを待つのです。世界は人間が孤独に一人でじたばたしているところでないことを知るのです。神さまがともにおられて、私たちを見守っておられることを、確認し、その御助けを、黙って待ち望むのです。それは必ず来ます。

【今日の祈り】
 父なる神さま。騒ぐ私の心を静めてください。口を黙らせてください。ただ、あなたを見上げます。それはあなたが私をご覧になっておられるからです。あなたに望みをおきます。どうぞ、私に力をお与えください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内