きょうのみことば

【きょうのみことば】(9月24日

 神よ。あなたの恵みは、なんと尊いことでしょう。人の子らは御翼の陰に身を避けます。 (詩篇36章7節

 生きることは決して生易しいものではありません。労働があります。好きな仕事であっても、いつもが楽しいわけではありません。ある意味で生きることは戦いです。

一日が終わって家路を辿り、寝床に着くとき、からだを横たえ、休むとまた活力がでます。この繰り返しによって人は再生され、生き抜くことができます。

 からだはそれで良いとして、心はどうでしょう。疲れを引きずることがないように、休み方を知らねばなりません。神様は私たちのために「御翼の陰《を用意してくださっています。

 労働、気遣い、奉仕に疲れたとき、その魂は祈りの場に持っていって「御翼の陰《で憩いましょう。「神さま《と言う一言が、魂に明日への回復の休みを与えるのです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。生きることに疲れきってしまうことがあります。そのような時、あなたは「御翼の陰《に招いてくださいました。私はあなたの御許に魂の憩いの場を見出しました。私の魂に明日を生きる活力を与えてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

 

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内