きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(10月2日

 心のきよい者は幸いです。その人は神を見るからです。(マタイ5篇8節

 私たちが毎日を幸せに生きることは、神様のみ心です。神の子どもたちが「幸い《なら、世の人々はもっとそれに魅力を感じ、神を求めるようになるでしょう。

 ですから主イエス様は、私たちに「幸いへの道《を指し示しておられます。それはきよい心を持つこと、すなわち「きよい者《になることです。

 「きよい心《とは、神さまにぴったりと照準を合わせ、神様と完全にパイプが通じている心のことです。他のものに心を寄せず、神さまにだけ期待している人のことです。

 鏡のように澄みきった心には、神さまがはっきりと映し出されます。もはや神さまを疑うことはありません。もし私たちが、きよきを求めて祈るなら、神さまが聖霊さまを送って、心をきよめてくださいます。「神に求める《これが鍵となるのです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。私を「きよい者《にしてください。私に幸いをくださり、人々に光を照らす者にしてください。私が毎日あなたを見、あなたの恵みを確認し、あなたの恵み深さを証明する者としてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内