きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(10月6日

 「あなたは、兄弟の目にあるちりが見えながら、どうして自分の目にある梁には気がつかないのですか。《(ルカ6章41節

 人の心を絵に書いたらどうなるでしょうか。広い海に小さなボートに一人ひとりが乗って漂っている絵になるでしょう。隣のボートのおかげで私のボートが揺れます。何とかしてくれないかな、と言う具合です。人の迷惑はよく分かりますが、自分が迷惑を掛けていることはぜんぜん分かりません。

 「独りぼっち《であることが問題です。自分と他人とは隔てられたままです。この溝をうめる方法は同船することしかありません。ですから家族として一つ家の中に住むのですが、これがまた争いの種になります。結局、兄弟と言っても別々のボートに乗っていると言う現実は変わっていません。

 この現実を克朊することは、自分の努力の限界を超えています。私たちは心の問題は救い主イエス様のところへと持っていかなければ、どうすることもできないと言うことを決して忘れてはなりません。ですから祈るのです。今朝も、「ゆるしの心《を与えていただくよう祈りましょう。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。あの人この人が気になって仕方がありません。あなたは、「お前が問題だ《と言われます。どうか勇気を持って自分と向き合い、あなたのお取り扱いに委ねます。私に憐れみとゆるしの心をお与えください。イエスさまの御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内