きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(10月9日

 心騒ぐ者たちに言え。「強くあれ、恐れるな。見よ、あなたがたの神を。復讐が、神の報いが来る。神は来て、あなたがたを救われる。《(イザヤ35篇4節

 心が騒ぐのは、人の悪意を持った仕打ちや運命の上可抗の災害が避けられないところまで迫っているときです。こうした緊迫した状態においては「心騒ぐ《のは当然です。

 しかし、神は「人の悪意《に対しては復讐をもって、試練への忍耐神への信頼に対しては、「報い《を持って私たちをお救いくださるお方です。

 この人生において、私たちは自分の心から出たものでないものに対しては、何も責任を取る必要はありません。どんなことでも神に委ねてよいのです。

 もし自分の非を認めたときには、いつでも悔い改める用意があれば、私たちはそのほかの事はみな神にゆだねることが出来ます。これが「神の子たち《の生きる道なのです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。私があなたからの罪の赦しを確信し、あなたへの信頼が確かであれば、地にあって私に襲ってくるものは何も恐れる必要がありません。どうかこの信仰に堅く立つことが出来ますように、私をお助けください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内