きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(10月18日

 「どうか、主があなたがたの心を導いて、神の愛とキリストの忍耐とを持たせてくださいますように。《(Ⅱテサロニケ3章5節

 神さまは信じる私たちに対して多くの約束をくださいました。しかしそれらは求めること願うことによって与えられます。勉強しようと思わなければ、知識は増し加わらないように、主に求めて、その恵みに生きようとしなければ、それは置物のようにそこにあるだけです。

 神の愛キリストの忍耐、これはもともと神のもの、キリストのものです。それを私たちに持たせてくださいます。私たちは神さまから来たものを持つのです。パウロが「この宝を、土の器に入れている《と言ったのはことことです。しかもそれは、私たちの願いの度合いに応じて増し加わります。

 「持たせて《くださるとは、「任せてくださる《ことです。タラントのたとえのように、さらに祈って願って増やしましょう。強い意志と、神に対する強欲さを持って、もっともっと増やして、私の心に神がおられる。この地に神は働いておられることを証ししたいものです。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。神の愛とキリストの忍耐は、あなたが私にくださり、それは今私の心の中にあります。もしそれが奥にしまわれていたなら、取り出して、それを世のともし火として輝かせてください。私を通りよい管としてください。イエスさまの御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内