きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(10月20日

 「だれが、その日を小さな事としてさげすんだのか。」(ゼカリヤ4章9節

 小さい事を蔑むことは、比較に生きる人間の趨勢です。しかし多くの人はそうした人間の趨勢に翻弄されることが多々あります。この流れにもまれたなら、何と惨めな何とやるせない心になることでしょう。いつまでもこの中に佇んでいてはなりません。

 神さまは小さいことの中にいのちを吹き込まれます。からし種はゴマよりも小さい種です。でもこの中には「神の国のいのち」が宿っています。信仰者はこのいのちの種を宿しています。恐れてはなりません。小さい事を恥じることもありません。

 私たちは主の太陽の光を受け、主のいのちの水に根を下ろし、その養分をいただくことに気を用いましょう。主から離れてはなりません。そうすれば、やがて「神の国の木」は大きく育つでしょう。今日も主を見上げましょう。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。あなたは私をあなたの子としての特権をくださいました。ですなら何も小さく見られていることを気に病むことはありません。あなたを見上げます。あなたが私のいのちを大きくしてくださることを信じます。イエス様の御名によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内