きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(10月30日

 まことに、あなたがたに告げます。もしあなたがたの義が、律法学者やパリサイ人の義にまさるものでないなら、あなたがたは決して天の御国に、はいれません。(マタイ5章20節

 律法学者やパリサイ人は、律法を守ることによって、義すなわち、「神様との正しい関係《に至ろうとしていました。安息日、十分の一献金、食事前のきよめの儀式、その他日常の細かいところまで、律法の規定がありました。この規定を守ることは大変なことでした。

 主イエス様はクリスチャンが、義すなわち、「神さまとの正しい関係《に無関心であってはいけない、と言われます。それも、パリサイ人以上でなければなりません。

 天の御国に入ることが、これほどに大変だとすれば、どうすればよいでしょう。本気で律法を守ろうとすれば、自分に失望する以外にありません。私のために贖いを遂げてくださったイエス様にすがる以外にありません。これ以外に私たちの「《はないのです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。イエス様が私の罪のために、十字架の上で贖いを遂げてくださったことを感謝します。私はこれにすがる以外に義の道はありません。どうか私の罪を見ないで、イエス様にすがる信仰を見て、私を受け入れてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内