きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(11月30日

 自分は宗教に熱心であると思っても、自分の舌にくつわをかけず、自分の心を欺いているなら、そのような人の宗教はむなしいものです。(ヤコブの手紙1章26節)

 クリスチャンになったとは、だれも注意してくれる人のいない孤児から、私たちの口も行動も見守ってくれる聖霊さまを心にお迎えしたということです。

 心の中の聖霊さまを無視すれば、クリスチャンであることは、【吊ばかり】となります。かえって、あかしが立ちません。

 毎朝の祈りで、心の中の聖霊さまに明け渡し、もっと自由を差し上げましょう。そして、一言一言を制御していただきましょう。

【今日の祈り】
 天の父なる神さま。今日もあなたが私の心の中におられることを確認しました。どうか自由に、私の口と行いをご指導ください。御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内