きょうのみことば

 

【きょうのみことば】(12月12日

 わがたましいよ。・・・・・・神を待ち望め。(詩篇42篇5節

 信仰が増し加わっても、感情がなくなることはありません。人間である以上、感情はつきものです。プラスの感情もあれば、マイナスの感情もあります。ただ信仰を働かせるなら、感情を制御することができます。暗い気分や失望のときに、いつまでも感情に流されて、心を闇の中に放置しないようにしましょう。

 そうした時には、自分の魂に命じるのです。「わがたましいよ。・・・・・・神を待ち望め。《気分が肉体の疲労から来ているとき、からだが甘えを要求してくることがあります。そうした状況を踏まえた上で、魂に「神を待ち望め《と命令することができます。こうして、肉体を超えて、魂を感謝と賛美と喜びへと引き上げることができるのです。

【今日の祈り】
 父なる神さま。時には暗い惨めな気分になることがあります。そうしたとき、信仰を働かせ、気分に命じますので、私の魂を引き上げてください。どんなときでもあなたを待ち望み、気分に左右されない者としてください。イエス様の御吊によって、アーメン。

 

きょうのみことばカレンダー 足のともし火 牧師の横顔 メールのご案内