用語(あた)
(聖書、神学、キリスト教、教会の用語)
[戻る]ホームページ聖書研究用語の解説
あいあかあさあしあたあなあなたあはあまあやあらあわあん
あた新しいアダムあつアッシリヤアップあと

 

  【あ】【あ】  【愛】【愛】  【あか】【あか】  【証し】【証し】  【あき】【あき】

 

  【与え】【与えた】【意味を与えた】
  【与えて】【個性を与えて】   【与えてくださいました】【勝利を与えてくださいました】
  【与えてくださる】【与えてくださる回答】→【神が与えてくださる回答】   【与えてくださるもの】→【神様が与えてくださるもの】
  【与えられ】【範囲が与えられ】【息を与え】【分け与え】【永遠のいのちを与え】
  【与えられた】【個性を与えられた】
  【与えられた角】【角を等分する】   【与えられたもの】【貰ったもの】【自己評価】   【与えられて】【さらに与えられて】
  【与えられます】マタイ6章33節【神の国とその義】
 「まず第一に」求めるべきものを求めていれば、天の父は「これらのもの」すなわち、「日常生活」で必要なものは「すべて与えられます」と約束してくださった。この事実は体験によってのみ知ることができる。信じ切れない者は「生活への心配」を委ねきれないであろう。ですからこのことは「信仰の問題」である。
  【与えられる】【何でも与えられる】   【与えられるもの】【救いとして与えられるもの
  【与える】【ことばを与える】【平安を与える】   【与える】→【一方的な愛】   【与える】→【喜こんで与える人】   【与えるもの】【意味を与えるもの】
  【仇】マタイ13:39【サタンの名称】   【徒】(あだ)(いたずら

  【価】【価なしの神の賜物】→【神の恵みと】【愛を明らかに】
 神はご自身の賜物を人に送られる時に、何の代価も要求されなかった。他一方的に下さったもので、私たちには「受け取ること」のみを求めておられる。「私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」(ローマ5:8)この無償の神の賜物を受け取ることを「信仰」という。
  【値】【値】【根】)→【一定の値】【血の値】【飛び飛びの値】【物理量の値】
 方程式から得られるものは「計算値」であって、人間が意味を求めていることを考えると、【究極の値】ではない。数学または科学が「計算値」以上のものを手に入れることができない限り、人類はもっと深い、霊的な究明をやめることはない。→【大統一エネルギーの値】
  【値】【値するか】【人生は生きるに値するか】   【値をもつもの】【パラメーター】
 数学の式を解くと【値が与えられ】れば、その式は意味のある式となる。人生においてもさまざまな難問が押し寄せてくるが、値(【解】)がないことには意味が感じられない。このため悩みはいっそう激しくなる。それゆえに人間にとって大切なことは、自分の今ある状況に対して答えを持ち、意味を見い出していることである。

  【頭】【頭脳】【納得】【記憶】【心の理解】
  【頭から出てきたもの】【知識による誇り】   【頭で】【頭で理解する【頭の理解】→【はじめに】【このホーム・ページの狙い】
  【頭で神を知る】→【神がわからない】   【頭では】【思うところ】
 普通人は【頭で神を知ろうとする】。そうして得た知識は「神についての知識」で、「神を知る」こととは別である。神は人格的な触れ合いの中で知ることが出来、そのためにはまず祈ること、「呼ぶこと」「求めること」である。神は生きておられる。あなたとかかわろうとしておられる。ひとたびあなたが「神と向き合う」なら、神は応えてくださる。人はこのようにして「神を知る」ことが出来る。
  【頭と
 人はしばしば「頭ではわかっているが、心に受け入れられない」ことがある。また反面「筋道を理解しているわけではないが、心に受け入れている」ことがある。この心と頭の分離は人間能力の限界から来ていることであって、へりくだってこのことを認めれば、「理解できなくとも」信仰によって心に「受け入れる」ことは可能である。
  【頭の知識】→【経験】  【頭の中の神】【私の神】   【頭のよさ】【財産】【この世の価値観】【この世の地位】
  【頭を越え】詩篇38:4   【頭を下げさせる】→【人に頭を下げさせる】

  【アタリヤ】【ユダの王たち】

 

  【アダム】【アダム】   【新しい】【新】   【新しく】【新しく】   【新た】【新た】   【あつ】【あつ】   【アッシリヤ】【アッシリヤ】
  【圧・圧制・圧倒】【圧】   【集・集まる】【集・集まる・集まり】   【あと】【あと】   【あな】【あな】  【あは】【あは】  【あら】【あら】  【あん】 →【あん】

 

 

[戻る]ホームページ聖書研究用語の解説