用語(ぎ)
(聖書、神学、キリスト教、教会の用語)

[戻る]ホームページ聖書研究用語の解説
ぎかぎんぎゃぎゅぎょ

 

  【義】【義】

 

  【技【技術革新】【科学技術】)→【権力と団結力と技術革新】【最初の技術革新】【アモリ人研究】
 価値の創造を目的として行われる。はじめは衣食住の向上を目指して行われた。しかし、現在では経済価値が重視され追及された結果、地球はその付加に限界が出てきて環境問題を引き起こしている。→【科学技術の発達】【無神文明の流れ】
  【技術の進歩【技術の発達】→【科学技術の発達】【進歩】【神不在の文明】
  【技術開発】→【反応する】   【技術倫理】→【参考】【技術倫理】

  【岐阜開拓の思いで。①突然の転任。②魂のどん底。③広い借家が与えられて。
  【岐阜教会へのメッセージ。①教会は誰のものか。②多くの祈りのある教会。③渡辺牧師とともに。

  【儀【祭儀】【宗教儀式】【礼拝としての儀式】【形式】【感謝のいけにえ】【バプテスマ】【探究の軌跡】
 「塩をまく」と言うひとつの行為でも、意味づけがされているなら儀式である。これを通して人は、「きよめは神のみ心であり、人は清くあることを心しなければならない」ことを記念すべきであった。これを「塩をまくときよまる」と言う力を主張するなら、これは魔術である。神はこうした魔術を嫌われる。
  【儀式、善行努力修行】→【心の中で】

  【犠牲】【いけにえ】【キリストの犠牲】【キリストのための犠牲】【幼児犠牲】【動物の犠牲】【宗教の起源】
 ①祭儀の時に供える生きた動物、いけにえ、また供犠のために殺した動物。②ある目的を達成するために、損失を顧ないこと。(国語辞典)①については【いけにえ】のこう参照。ここでは、②の意味について考えたい。どんな犠牲でも目的がある。その目的によって大きく意味合いが違ってくる。戦争や災害、交通事故の犠牲、社会的ひずみ、制度的欠陥の犠牲、愛の犠牲など。聖書においての大きなテーマは「十字架の犠牲」である。→【いのちを失う者】

  【犠牲のローマ5:8【愛の犠牲】【深い愛】【私たちのため】
 私たちが罪人であったからこそ、まさにその理由で、キリスト十字架の死を遂げてくださった。この犠牲の愛のゆえに、人は罪の報酬としての死(これは永遠の死)を免れ、永遠のいのちへと救われる。なんと言う大きな愛であろうか。
  【犠牲の真義】→【宗教の堕落】   【犠牲を伴う】【畑地の代価】

 

  【議】【議・議員・議論】   【偽】【偽・偽証・偽善】

 

  【疑【確信と疑問】【神の実在に対する疑問】【深刻な疑問】【人生への疑問】【聖書についての疑問】【キリスト教への疑問】【ヨハネの確信と疑問】
  【疑問】【疑問が残る】【質問】【何か】【何のため】【不可解】【求道】【方法論】【はじめに】【理解可能領域】【どうしてこんな世界になったか】
  【疑問点】【科学的、非科学的】   【疑惑】【苦しみ、失望、疑惑、迷い】

  【凝視】【凝視する】【凝視する】【隠れたところを凝視する】
  【擬人的多神教】→【ひとりなる神】
  【擬人的表現】【擬人観的要素】【神の目】【聖書の擬人観的要素】【人間的な表現】
 聖書は、神は霊(→【神の霊性】)であるといいながら、神について擬人的表現が用いられている。神の目は神の全知と関係している。神はすべてをご覧になり、それに対して感情を持っておられる。特に人間には深い関心を寄せており、燃える思いを持っておられる。ここから、神の怒りの感情と、あわれみの感情がほとばしり出ている。

 

  【ぎか】【ぎか】

 

 

[戻る]ホームページ聖書研究用語の解説