用語(始まり)
(聖書、神学、キリスト教、教会の用語)

[戻る]ホームページ聖書研究用語の解説
はいはかはけはさはた働きはなはははん
はさ

 

  【はさ】【はさ】   【初め】【初め】  【初~】【初~】   【恥】【恥・恥じる・恥ずかしい】

 

  【始まった】【絶対零度から始まった】
  【始まり】【初め】【一回の始まり】【宇宙の始まり】【終りの日のはじまり】【神不在のはじまり】【教会の始まり】【キリストの支配の始まり】【空間の始まり】【偶像の始まり】【言語のはじまり】【失望は希望の始まり】【時間の始まり】【宗教のはじまり】【信仰のはじまり】【人種と言語の始まり】【人生のはじまり】【世界の始まり】【存在のはじまり】【哲学の始まり】【天体のはじまり】【罪の始まり】【塔建設の始まり】【日本のプロテスタント教会のはじまり】【福音の始まり】【文明の始まり】【御業の始まり】【三つの始まり】【免疫のはじまり】【ものの始まり】【歴史の始まり】
  【はじまり】【原因】【起源】【開始】【出発】【スタート】【単数】
  【はじまり、終り】→【目を覚ましていなさい】   【はじまり、途中、終り】【4月14日】
 【一様性】は、「繰り返し」のことであって、「始まりと終わり」の中での現象である。ですからここには、【始まりの説明】はない。

  【始まりから】【始まりから終わりへ】→【時間は】【直進】【ビッグバン宇宙論】
  【始まりと終わり【初めと終わり】【非合理】【一回性】【空回り】【直線】【日の出と日没】
 世界が三次元、または四次元で成り立っている限り、すなわち、縦横高さそれに時間があり、これには範囲、限り、限界、限度がある。はじまったものはいつか終わり、振幅を繰り返す。【無限、永遠】、直線は神からのみ出てくる。→【ストーリーと初期値】
  【始まりと終わりの破綻】→【有限と無限と無境界条件】 「宇宙物理学」は現在においては【両端において】破綻している。
  【始まりのあるもの】【始まりのあるものは形を持つ【はじまりの痕跡】→【御手を見た】
 はじまったものには痕跡がある。それが形である。宇宙が「神によって創造されたもの」なら有限であって、想像の範囲を超えることはないが、それは「渦巻き型」となっていることだろう。なぜなら宇宙は「躍動」しており、【はじまりから終わりへ】と向かっているからである。この「時間の矢」は形から来ており、「端から端へ」と運動しているからである。
  【始まりの特異点】→【参考】【始まりの特異点】
  【始まる】【核融合反応がはじまる】【無からはじまる】【特異点からはじまる】
  【始まる以前【始まる以前の時間】→【宇宙の始まる以前の時間】   【始まる前から】→【世の始まる前から】

  【始め】【初め】)→【事をはじめ】   【初めの始め】   【始めから】【歴史の始めから】   【始めた】【大胆に話し始めた】
  【始めて教会に】→【神に会う備え】   【始めての祈り】   【はじめての世界】→【聖書研究】【躊躇】

  【はじめに】【新しい出発】【お詫び】【Q&A】
  【はじめに】【天地創造】【みことばと宇宙】
 【初めに】神が天と地を創造された。神は「とこしえからとこしえまで」(詩篇90:2)存在しておられる。これは決して、自然科学の断定ではない。信仰の告白である。創造の賛歌である。ヨハネ1:1その時、キリストも神とともにそこにおられた。→【キリストの先在】

  【始める】【祈りはじめる】【気になり始める】【求めはじめる】【自分探しをはじめる】【つくりはじめる】
  【はじめる】→【事をはじめる方】

 

  【恥】【恥・恥じる・恥ずかしい】   【はた】【はた】  【はは】【はは】  【はん】【反、燔、犯、範、汎】

 

 

 [戻る]   用語   説教要旨   ホームページ