用語(生きる)
(聖書、神学、キリスト教、教会の用語)
[戻る]ホームページ聖書研究用語の解説
生き生き~生きる生きる~生ける

 

  【い】【い】  【生】【生・生活】  【生き】【生き】

 

  【生きる】【愛によって生きる】【愛を動機として生きる】【意識的に生き】【意欲的に生きる】【神とともに生きる】【神と向き合って生きる】【神のことばによって生きる】【神のために生きる】【神を信頼して生きる】【神不在で生きる】【義人は生きる】【キリストとともに生きる】【キリストを生きる】【クリスチャンとして生きる】【現代に生きる】【告白に生きる】【この世で生きる】【これによって生きる】【死んでも生きる】【自分のために生きる】【自分を生きる】【時間の中に生きる】【幸せに生きる】【終末に生きる】【信仰によって生きる】【信仰一本で生きる】【精一杯生きる】【積極的に生きる】【地上を生きる】【強がって生きる】【長く生きる】【何のために生きる】【肉体に生きる】【人間らしく生きる】【比較に生きる】【人は何によって生きる】『復活の希望に生きる』【毎日を生きる】【無自覚に生きる】【名誉に生きる】【恵みに生きる】【燃えて生きる】【目標を持って生きる】【求めて生きる】【理想に生きる】【律法によって生きる】【良心的に生きる】【霊に生きる】

  【生きる】民数記21:8,申命記8:3マタイ4:4【人生】【人のいのち】【神の口からでることば】
 レビ18:5モーセは「律法によって生きる」という道をイスラエルに与えた。その律法は結果的に、捕囚という「律法による死」を与えてしまった。そこから彼らは「メシヤ」によって、その復活に与かるというかたちで、再びいのちが与えられることになる。
 主イエスが、「人はパンだけで生きるのではない」と言われたとき、それは【パン】に代表される【物質的充足】だけでは、本当の意味で【生きている】とは言えないことを指摘された。人は【肉体】であるとともに【精神】(魂・霊)でもある。【真・善・美】と言った【精神的な欲求】があることは周知であるが、さらに深い欲求、【霊的欲求】を持つことは、ほとんど考慮されていない。しかし人は【神を知る存在】であり、神を知り、神を求め、神と交わることによって「充足」を得る。すなわち、人は「パンだけ」ではなく、【神のことば】によって生かされるのである。→【1月6日】
  【生きる】【生きること】【この世を生きる】

 

  【生きる~】【生きる~】   【生ける】【生ける】  【い】【い】  【意】【意】 【いい】【いい~いこ】  【いん】【いん】

 

 

 

 

 

[戻る]ホームページ聖書研究用語の解説