はいはかはさはしはた働きはなはははやはらはん
用語(はこ・箱)(hako)
(聖書、神学、キリスト教、教会の用語)
[戻る]ホームページ聖書研究用語の解説
はかはくはけはこ

 

  【は】【は】   【はか】【はか・博士】   【はく】【はく】  【はけ】【はけ】   【はこ】【はこ】

 

  【運ぶ】【思想を運ぶ】【初期値を運ぶ】   【運ぶ人】【恵みを運ぶ人】   【運ぶ粒子】【力を運ぶ粒子】

  【箱】【アーク】【あかしの箱】【アカシヤ材の箱】【神の箱】【霧箱】【献金箱】【さとしの箱】【主の箱】【パンドラの箱】
 イスラエルの宗教において、【契約の箱】はもっとも神聖なものであった。その作り方は、出エジプト25:10~22にある。それは、材料、尺度、その作り方のすべてにおいて指示通りでなければならない、と規定されていることに示されている。
  【箱の中】(【1rワールド】【箱の中(区間)の箱】→【微小階層】   【箱の中の粒子】【図】【固有値】【調和振動子】【演算子を解く】
  【箱の中の粒子の量子状態】【零点エネルギー】【図】
 【箱の外】では位置エネルギーが無限大となる。このため、「波を記述する」ためには、「原点と端点」を決めなければならない。このように、「境界条件」を定めないで「量子論」を論じることはほどんと不可能である。

  【箱舟】【ノアの箱船】【洪水前の命令】  【箱舟の大きさ】  【箱舟の伝説】【洪水と箱船】
 神はノアに、大洪水 に備えてゴフェルの木で「箱舟」を造るよう命じた(創世記6:14~)。部屋は三階、内部と外部をアスファルトで塗り、長さは約135m、幅は22.5m、高さは13.5mであった。その中にノアと妻、3人の子どもたちとその妻たちの8人だけが入った。また、動物たちも収容された。スペースは43.000トンと計算されているから、8人と動物たちのためには十分であった。

 

  【はさ】【はさ】  【はた】【はた】  【はは】【はは】  【はん】【反、燔、犯、範、汎】

 

 

 

[戻る]ホームページ聖書研究用語の解説